人気ブログランキング |

来館者1万人突破!!

連日多くの方にお越しいただいている特別展「ミイラと神々」本日1万人を突破しました。
記念すべき1万人目となったのは岡山市在住の前田さん親子です!!
オリジナルうまい棒や図録などを記念品として贈呈しました。
d0087115_10224940.jpg
記念写真をパシャリ⭐️
特別展は9月16日(月・祝)までです。皆様のご来場をお待ちしております。

# by Okayama_Orienta | 2019-08-17 10:34

本日開館

d0087115_09221845.jpg

昨日、8月15日は大型台風の接近を考慮し、臨時休館とさせていただきました。
本日、8月16日からは、予定どおり開館いたします。
ご来館、お待ちしております。

# by Okayama_Orienta | 2019-08-16 09:23

【臨時休館のお知らせ】

We are sorry, but the museum will be closed on 15th Aug. in fear of the approaching typhoon.
明日8月15日(木)は、台風の接近にともない終日休館致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程お願いいたします。
d0087115_14183972.png

# by Okayama_Orienta | 2019-08-14 14:20

皆さん、この夏のご予定はお決まりですか?

岡山市立オリエント美術館では、明日から
特別展「ミイラと神々-エジプトの来世、メソポタミアの現世-」が始まります!

現世では決して見ることの出来ない死後の世界、来世へと思いを馳せた古代エジプトの人々。
嵐、洪水、自らを取り巻く自然の脅威を神として捉え、その加護を得ようとした古代メソポタミアの人々。

彼らはそれぞれに来世、現世をどう捉えるかによって異なる文化を発展させましたが、共通するものは「見えない世界を見る」ことに試行錯誤をしたことでした。

死後の世界、理想の来世とはどんなものなのか?
そこへ至るにはどうしたら良いのか?

迫り来る自然の脅威からどうしたら逃れられるのか?
どうすれば避けて生きてゆくことができるのか?

生きる上で避けることの出来なかった見えない不安の数々に、"神"という形を与えることで不安を見えるものとして扱おうとした古代オリエントの人々の心の動きを、展示を通して存分にご覧いただけることでしょう!

特別展「ミイラと神々-エジプトの来世、メソポタミアの現世-」
7月13日(土)開幕です!!

この夏は、オリエント美術館で是非古代オリエントの世界観へ触れてみてください!
詳しくはコチラ

# by Okayama_Orienta | 2019-07-12 18:42

d0087115_14195811.png

 19世紀中頃にアメリカで生まれた書体を学びます。商業文書に使用する実用的な文字にも、また手紙など私的な手書き文字としても洗練されたスタイルを持っています。タイプライター普及後も学校教育の手書き文字に影響を与えました。現代ではSNSで手書き文字の魅力が見直されていますが、この書体も人気が再燃しています。
カッパープレート体を書く独特な形状のペンを使います。古典の資料や講師オリジナルのテキストで少しずつ学んでいきます。
初心者の方はもちろん、カッパープレート体経験者にも新たな発見があるでしょう。
***********************************************************************************
教室日程:2019年 7月21日、8月4日、 8月18日、 9月1日(いずれも日曜日)全4回
     台風などで休講になった場合、9月8日を予備日としています。
時 間:13:00~16:00
講 師:砂賀音 智子先生 (カリグラファー)
場 所:オリエント美術館2階工作室
受講料:14,000円(友の会会員は1,000円引き)+教材費約2,000円
カッパープレート体用のペン先、ペン軸などの道具をお持ちでない方は、別途購入。
※別途、特別展入館料(1回分)が必要です。
 (教室開催日は、館内の展示をご覧いただけます。)
※生徒さんのご都合でお休みされた場合、受講料の払い戻しはできません。ご了承ください。
***********************************************************************************
ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。
お申し込み・お問い合わせはオリエント美術館まで。(電話 086−232−3636)
d0087115_13575520.jpg


# by Okayama_Orienta | 2019-06-12 14:26

岡山市民の日

d0087115_10471876.jpg

6月1日(土)は「岡山市民の日」
オリエント美術館は無料でご入館いただけます!

Admission free on 1st June, celebrating the birthday of OKAYAMA CITY.
# by Okayama_Orienta | 2019-05-30 10:48

d0087115_13460402.png
毎年人気のカリグラフィー教室、2019年も開催します!
************************************************************************************
教室日程:2019年 7月21日、8月4日、 8月18日、 9月1日(いずれも日曜日)全4回
時 間:13:00~16:00
講 師:砂賀音 智子先生 (カリグラファー)
場 所:オリエント美術館2階工作室
受講料:14,000円(友の会会員は1,000円引き)+教材費約2,000円
    (別途特別展入館料1回分が必要)
申込開始日:6月11日~
************************************************************************************
講座内容等、詳細は後日ご案内いたします。

・お問い合わせ
オリエント美術館(086-232-3636)

# by Okayama_Orienta | 2019-05-16 14:06

10連休が明け、いよいよ本格的に暖かくなってきた5月。
連休明けからの3日間にわたり、操南中学校の生徒3名が当館へ職場体験に来てくれました。
事務、受付・監視、清掃、機械設備の管理から学芸員のお仕事まで、美術館業務について幅広く体験してもらい大活躍!
最終日の今日は広報活動に挑戦してもらいました!
当館展示品の中からお気に入りの展示をそれぞれ一品を選んで紹介記事を書いてもらいました。
中学生の皆さんがそれぞれの目で選んだ展示品、それぞれの感性で書いたもらった文章。

三者三様、異なる魅力に溢れた記事をブログで紹介いたします。

==============================
d0087115_15364331.jpg


私のお気に入りの作品は、「ラスター彩鳥首水注」です。
なぜ、この作品がお気に入りかというと他の作品より輝き光っているように見えたからです。
この輝きは、金を塗っているのではなく焼いた時、自然に金色になったそうです。
文字に見える所は実は模様と知りました。注ぎ口は鳥の頭になって珍しいデザインでした。
この作品は、800年くらい前の物なのにとても新しく見えました。
こんなに年月が経っても色あせることもなく輝く金色は、さすがだなと思いました。
この水注の高さは、約25センチと手に取るのに丁度良さそうな大きさだと思いました。
いくつも並んだ作品の中でも、一際美しく「綺麗」と一瞬で心を奪われました。
私はいつまでもこの作品を見ていたい思いでしばらくの間、じっと見つめていました。
見れば見る程、複雑な模様に絡み合う金色が深みのある金色となり、遥か昔と今を繋ぐ時代の懸け橋の色にとても感動しました。(Written by R.S)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0087115_15365046.jpg


私が気に入った作品は、シャブティです。美術館をまわって、とてもひかれました。
群青色でもなければコバルトブルーでもない、美しい青色に、黒い模様が描かれていて、すごく神秘的だと思いました。
紀元前1000年頃という、想像もつかないほど昔のものなのに、宝石のような輝きが不思議で、ライトが当たるとすけているようにも見えます。
それに、黒い模様のような、文字のようなものも、エジプト感が出ていて、もっとエジプトやシャブティについて調べてみたいと思います。
死者の代わりに働くなど、奇妙で不思議なミイラ形の人形だと思うし、私はとてもそれに魅力を感じました。
美術館には他にもたくさんすてきな作品がありますが、シャブティは、エジプトの奥深さを感じることのできる作品の一つだと思います。
美しくて、エジプトの歴史を感じられるシャブティを私は選びました。(Written by M.S)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0087115_15370608.jpg


私が気に入った作品は、「有翼鷲頭精霊像浮彫」です。
この作品は、頭は鷲、体は人間という紀元前900年頃の物で、右手にはまつぼっくりを、左手にはバケツを持っていて、これらは清めるための道具だと言われています。
なぜこの作品を選んだかと言うと、羽の線や模様、筋肉の筋、嘴、服などが細かく表現されていて、その上、浮彫なので今にも動き出しそうなくらいより立体的に見え、かつてエジプトが栄えていた頃の世界に引き込まれていくようなくらい迫力があります。
また、他の作品と比べて大きいのでその姿は光が放たれているようでとても神秘的に見えきれいだなと思ってこの作品を選びました。
一歩前に立つと、エジプトの世界が広がっていくように感じられるこの作品。
なぜ鷲なのか、なぜまつぼっくりを清めるための道具として使っているのか、考えれば考えるほど奥が深く、心をひかれる作品です。
私はこの引き込まれていくワクワク感が印象に残り、この作品を選びました。(Written by H.T)

# by Okayama_Orienta | 2019-05-10 16:23

5月1日(水・祝)は天皇陛下御即位を慶祝し、無料でご入館いただけます。開催中の展覧会は館蔵品展 『オリエントの美に学ぶ』と小企画展『王の肖像でたどるオリエントの歴史』です👑

d0087115_14201006.png



# by Okayama_Orienta | 2019-04-27 14:23

d0087115_12265811.jpg

毎年ご好評いただいている、金属工芸家内山貞和先生によるジュエリーメイキング教室。
今年度も6月7日(金)から全5回開講します。

概要
日 時:2019年6月7日、14日、21日、28日、7月19日 いずれも金曜日
(7月2日〜7月12日は展示替のため休館)
・午前のコース 9:30〜12:30
・午後のコース 13:30〜16:30
場所:オリエント美術館2階工作室
定員:各コース12名(先着順)
受講料:8,000円(オリエント美術館友の会会員は7,000円)別途、常設展入館料1回分と材料費(約2,000円〜)が必要です。

本教室では、内山先生ご指導のもと、古代オリエントで用いられていたと考えられているロストワックス法を駆使して自分だけのオリジナルジュエリーを作ります。(鋳造の工程は、先生が代行します。)

内山先生の温かいお人柄と和やかな雰囲気も、本教室の魅力の一つです。
初心者の方でも丁寧にご指導いただけるので、安心してご参加いただけます。

ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。
お申し込み・お問い合わせはオリエント美術館まで。(電話 086−232−3636)

# by Okayama_Orienta | 2019-04-17 13:00