毎年ご好評いただいている金属工芸家内山貞和先生によるジュエリーメイキング教室。
今年度も6月2日(金)から毎週5回にわたって開講します。

概要
日時:平成 29年6 月2日、9日、16日、23日、30日いずれも金曜日全5回
午前のコース 9:30〜12:30、午後のコース 13:30〜16:30
場所:オリエント美術館2階工作室
定員:各コース12名(先着順)
受講料:8,000円(オリエント美術館友の会会員は7,000円)別途、常設展入館料1回分と材料費(約2,000円〜)が必要です。

本教室では、内山先生ご指導のもと、古代オリエントで用いられていたと考えられているロストワックス法を駆使して自分だけのオリジナルジュエリーを作ります。(鋳造の工程は、先生が代行します。)
毎週のご参加が難しい方は、各日、午前(9:30〜)と午後(13:30〜)の2回に分かれているので、別の回に振り変えてご参加いただくことも可能です。

内山先生の温かいお人柄と和やかな雰囲気も、本教室の魅力の一つです。
初心者の方でも丁寧にご指導いただけるので、安心してご参加いただけます。

ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。
お申し込み・お問い合わせはオリエント美術館まで。(電話 086−232−3636)

d0087115_1052675.jpg
H28 受講生作品

staff t.t
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-04-06 10:53 | 友の会

長らく接続が出来ない状態となっていた
オリエント美術館のホームページが復旧致しました。
ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございませんでした。

展覧会やイベント等の催し物につきましては、
これまで通り美術館ホームページの方でもお知らせをしてゆきます。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-03-23 10:36

オリエント美術館ホームページへのアクセスエラーのため、皆様には多大なご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
引き続き、原因を調査し、復旧作業に努めております。
なお、展覧会、イベント等の催しにつきましては、しばらく当ブログにてご案内します。
その他ご不明な点等ございましたら、美術館までお問い合わせください。
(電話086−232−3636)

====================================

平成29年度展覧会のスケジュールが
決定しました!


オリエント美術館では、平成29年度下記の通り展覧会を開催いたします。
次年度もオリエント美術館をどうぞよろしくお願いいたします。

●館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」
 開催中~7月2日(日)、11月14日〜次年度
●小企画展「西アジアの金属器 -青銅器とバイメタル-」
 4月18日(火)~7月2日(日)
●特別展「古代オリエント カミとヒトのものがたり」 
 7月15日(土)〜9月3日(日)
●特別展「ガラスの美を求めて−瓶泥舎コレクション」  
 9月16日(土)〜11月5日(日)
●小企画展「オリエントのデザイン」
 11月14日(火)~2018年1月28日(日)
●小企画展「新収蔵品展」 
 2018年1月30日(火)~次年度

d0087115_11234127.jpg


d0087115_11235595.jpg

[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-03-22 11:33

ここ数日、オリエント美術館のホームページへ接続できないエラーが発生しております。
現在、この原因を調査し、復旧作業に努めております。
ご迷惑をお掛けいたしますが、復旧まで今しばらくお待ちください。
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-03-17 13:07

博物館実習生の募集

平成29(2017)年度の博物館実習生を募集いたします。
下記リンク先より、募集要項、応募書類をダウンロードください。

平成29(2017)年度の博物館実習生の募集要項・応募書類

岡山市立オリエント美術館


[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-03-14 14:24

友の会では、2月5日、12日、19日の3回にわたって平成28年度ステンドグラス教室を開講しました。ガラス作家の尾﨑雅子先生ご指導のもと、「丸い形の窓」をイメージしてデザインしたステンドグラスを 制作しました。
ただいま、教室に参加した受講生の作品を、美術館光庭にて展示しています。
こちらの作品展は3月14日まで開催します。
皆様、美術館にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
d0087115_116535.jpg


色とりどりのステンドグラス作品。光が反射して素敵です。
光庭の雰囲気にぴったりです。
d0087115_1162454.jpg


staff t.t
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-03-02 11:11 | 友の会

パンフルートコンサート

今日の午後は、パンフルートのミニコンサートを開催しました。
チルドレン・ミート・アート・プログラムで、参加した小学生がパンフルートという楽器を制作し、演奏発表会までしちゃおうというプログラムを実施しました。

小企画展「トリ・鳥・禽」の展示作品を参考に、自分のパンフルートにトリのデザインをあしらい、2週間、自宅で各自練習を積み、今日の演奏会に臨みました。

フルートも、演奏も、とってもよくできていました。

みんなが作った作品は、1ヶ月ほど、オリエント美術館で展示します。

d0087115_21144153.jpg

d0087115_21154377.jpg

[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-02-19 21:17 | イベント

当館では、かねてより館蔵バイメタル剣(青銅柄鉄剣)の研究を進めてきましたが、一定の成果が得られたとして、2月16日、記者発表を行いました。この研究は、広島大学、高輝度光科学研究センターなどと共同で行ってきたもので、大型放射光施設SPring-8(兵庫県佐用町)を利用した館蔵品研究2件目の成果発表です。

今回、研究の対象としたバイメタル剣は、2001年以降、「鉄芯青銅剣」として展示していたものです。SPring-8の放射光を用いた高分解能X線CT画像撮影の結果、「鉄芯青銅剣」は「青銅柄鉄剣の腐食した鉄刃を現代において青銅刃にすげ替えたもの」であることが判明しました。

一方、柄の内部には現代の改変が行われた痕跡が認められなかったことから、柄内部の画像を精査しました。その結果、鍛鉄に鋳銅を組み合わせた「鋳ぐるみ」の最古例の一つと考えられ、館蔵バイメタル剣は、青銅器時代から鉄器時代へ移り変わる時期の冶金技術を反映した、重要な資料であることが明確となりました。

プレスリリース

これらの成果の一部は、4月18日(火)から開催する小企画展「西アジアの金属器−青銅器とバイメタル」で速報する予定です。

d0087115_13393384.jpg

当館開館式典にご臨席された故三笠宮崇仁親王殿下(写真左)が、バイメタル剣をご覧になる様子(1979年4月8日)。当時、イラン北部の青銅剣として展示されていました。当館では、これからも研究を通じ、収蔵品の声なき声に耳を傾ける努力を継続していきます。

RS
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-02-17 17:41 | 展示

2月19日(日)は、チルドレン・ミーツ・アート・プログラム
ミニコンサートを開催します。
トリのデザインをあしらったパンフルートを制作した子どもたちのセッションと
パンフルート奏者の今井勉さん、ピアノ伴奏の武藤美鶴さんの演奏をお楽しみいただきます。

演奏時間は、14:30-15:15です。
1階中央ホールで開催いたします。

よろしくご承知おきください。

HS
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-02-15 15:46 | イベント

Nabu Android版アップデート

先日、オリエント美術館の展示ガイダンスアプリ、Nabuのアップデート版についておりらせしましたが、

http://orienta.exblog.jp/23816443/

Android版のアップデートもリリースされました。

ぜひお試しください。

HS
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-02-08 13:33