11月14日(火)、当館展示場で第68回 造形表現 図画工作 美術教育研究全国大会が開催されました。研究授業に参加してくれたのは、岡山市立福島小学校3年生の児童60余名です。



このプログラムは、まず、ビデオレターで、①オリエントの遺跡から謎の生物の化石が出土した、②この生物が「ムシュフシュ」と呼ばれていた、という条件設定を行いました。
これを受けて、児童は、謎の生物を想像、造形化してもらいました。
研究授業当日、来館した児童は、展示場の作品に施された文様モチーフを観察し、思い思いの文様を施して、謎の生物「ムシュフシュ」を完成させるというものです。


d0087115_11150254.jpg

11月28日から、児童の作品を中央ホールに展示しています。


d0087115_11153894.jpg

児童らの自由な創造力と観察力、表現力をご覧いただき、思い思いの「謎の生物」をお楽しみいただければ幸いです。

RS
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-11-28 11:18 | 展示

秋の職場体験では芳泉中学校の生徒2名が美術館に来てくれました。
3日間、事務、掃除、機械設備の管理、受付、監視、そして学芸員のお仕事などの美術館業務について、学び、体験していただきました。
最後に職員と一緒にじっくりと展示品を鑑賞した後、オリエント美術館の展示品で自分のお気に入りを見つけてもらい、それを紹介する「広報」活動にチャレンジ。思い思いの展示品紹介(しかもなかなかするどい!)を書いてもらいましたので、ブログで紹介したいと思います。
紹介記事をご覧いただき、ぜひ多くの皆様に美術館へ足を運んでいただければ幸いです。

※内容につきましては文意を損なわない範囲で一部抜粋して掲載しています。

staff t.t
==============================

d0087115_1555965.jpg

d0087115_1555305.jpg

 私の選んだ美術品は魚形注口土器です。見た目は、名前の通り魚の形をした土器に目と鼻と口と魚の特徴的なひれが描かれている土器です。色はピンクっぽい茶色とエジプトの砂漠の砂のような色をした茶色の二つの色が使われていてとても優しい色合いで、オリエントチックです。この魚形注口土器のおすすめポイントは、この土器に描かれている顔をよく見てみると、目・鼻・口が描かれていました。みなさんは「おかしいな。」と思いませんか?よく考えてみると魚はエラで一生呼吸をする生き物です。なので鼻があるのはおかしいのです。他にも角度によって顔が様々な表情に違って見えたりしてとても面白いです。オリエント美術館にはこのような不思議な美術品があり見ていてとても楽しいのでぜひオリエント美術館に足を運んでみてはどうでしょうか。(AS)

ーーーーーーーーーー

d0087115_15514993.jpg

d0087115_1623357.jpg

 私がお勧めする美術品は角形瓶(写真中央)です。これはコホルと呼ばれるアイライナーを入れていたもので、なんと現在まで内部にアイライナーが残っているものもあります。
 私がこの美術品を選んだ理由は2つあります。1つ目の理由は形です。この美術品は名前の通り角ばった形をしています、(瓶は)曲線の形のものが多い中で一つだけ角張った形をしているので注目してみてしまいます。一方で瓶の口の部分は丸いのでそのギャップもとても面白いです。
 2つ目の理由は色です。使われている色は白と黒と黄の3つです。彩やかでとてもきれいな色が私のお気に入りです。白と黒のギザギザした模様が特徴的なのですが、私が皆さんに見ていただきたい部分は瓶の口です。ここにも白と黒と黄色の縞模様があり細かい部分まで描かれてすごいと思いました。どの美術品も当時の人たちの工夫がよくわかるものばかりです。皆さんもぜひオリエント美術館に来てみてください。(NS)
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-11-22 15:56

かみさまかるた 500円
販売開始しました!!


d0087115_1140265.jpg

エジプト、メソポタミア、ギリシア、インド、中国、そして日本。オリエント世界を中心とした6つの地域に伝わる神話をぎゅっとつめこんだ岡山市立オリエント美術館、古代オリエント博物館オリジナルかるたです。

もともと、このかるたはオリエント美術館で8月に開催した神様かるた大会のために制作したものですが、館内外から「商品化すべき!」という応援をたくさんいただき、このたび商品化の運びとなりました。
かるた制作に携わってくださった古代オリエント博物館さま、美術館ボランティアの皆さまに心からお礼申し上げます。

さて、かるたですが、絵札、読み札はミシン目がついており、手で簡単に切り離せるようになっています。
また箱は展開図が同封されていますので、はさみでカットし組み立ててください。

なお数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお買い求めください。

staff t.t
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-11-16 12:04 | グッズ

平成29年度ステンドグラス教室は、特別展「和ガラスの美を求めて 瓶泥舎コレクション」(11月5日(日)まで開催)と合わせて開講しました。和ガラスの展示ということで、教室では、和の空間にも、モダンな空間にも合う行灯の形のランプを制作。講師の尾﨑雅子先生ご指導のもと、思い思いのランプが完成しました。

ただいま、美術館館内にて本教室に参加した受講生のとっても素敵なランプ作品を展示しています。※こちらの作品展は11月28日(火)までとなっています。
d0087115_1332342.jpg

暖かなステンドグラスの光が、大理石の床に映り込み、幻想的な雰囲気が漂います。
皆様、美術館にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

staff t.t
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-11-15 13:37 | 友の会

本日をもちまして、特別展「和ガラスの美を求めて−瓶泥舎コレクション」は終了しました。
11月の三連休には、毎日多数の皆さんにご来館いただきました。
本当にありがとうございました。

d0087115_18342066.jpg

明日6日より、13日までは展示替えのため、休館します。


14日からは、館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」、小企画展「オリエントのデザイン」を開催します。

[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-11-05 18:37

晴れの国にあるまじき、2週連続の台風に悩まされた岡山ですが、この週末は快晴。
d0087115_19283102.jpg

特別展「和ガラスの美を求めてー瓶泥舎」コレクションも今週末で会期終了です。

お酒大好きな担当者、RSのオススメ作品は、コレ。
d0087115_19292841.jpg

蔓朝顔形(右)と開ききる前の朝顔形の盃(左)です。


蔓朝顔形のガラス盃は、江戸時代の長崎旅行ガイドブックに掲載されているもの。
これでお酒をいただくとまろやかで美味しいのだとか。

日が暮れた頃に、開ききる前の朝顔形の盃でお酒をいただくのは無粋というもの。
朝酒を合理化しようとする、旦那の強い気持ちが感じられます。


約4千年前、メソポタミアで発明されたガラス。
江戸の町人文化とのコラボレーションを体感できるのは、11月5日まで。

ぜひご来館下さい。



[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-11-04 20:00 | 展示

金属工芸教室受講生募集

平成29年度金属工芸教室受講生を募集しています!

本教室では、田中均先生ご指導のもと、ルリスタンブロンズでおなじみの技法「鋳造」でピンアクセ サリーやスタンダード(旗の上の飾り)など青銅器を「鋳造」 によって制作していきます。
古代青銅器の再現工程を見学・体験できる貴重な機会です。

皆様のご参加お待ちしています。
お申し込み・お問い合わせはオリエント美術館まで。(電話 086−232−3636)

d0087115_15565071.jpg

[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-10-31 15:57 | 友の会

前回の記事でご案内した通り、明日実施します!
かたちを作る<型>はおもしろい! ‐型吹きガラスのかたちでキャンドルをつくろう‐

今回用意した型は全部で6種類。
d0087115_17105484.jpg

お気に入りの型とロウの色(白、緑、青、紫、黄色)を選んでつくってもらいます。
じつは、ロウにはそれぞれ香りがついているんです。
フルーツの香り、お花の香り、バニラの香りなどなど、好きな香りに、どんな形が合うか考えながら選んでみるのもいいかもしれません。

ワークショップは先着順・当日受付です。
受付は13時から開始します。
みなさまお誘い合わせの上ぜひご参加ください。
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-10-20 17:11 | イベント

バイメタル剣(銅柄鉄剣)は、本年2月に成果の記者発表を行いましたが、調査は現在も継続しています。

去る10月4日から9日までの6日間、大型放射光施設SPring-8(兵庫県佐用町)でCT測定を行ってきました。
世界最大の出力を誇るSPring-8でなければ、直径2センチ以上ある銅製の柄の内部の鮮明な画像を得ることはできません。


d0087115_16480734.gif

SPring-8の蓄積リング直径は1.5キロほどもありますから、外周を歩くと20分ほどもかかる、大型の施設です。


d0087115_17170893.gif

精細なCT画像を得るため、1時間に0.8cmほどのデータをとるのやっと。
バイメタル剣の柄は長さ15〜18cm程度ありますから、剣1本にほぼ1日かかります。
このたびの実験では、バイメタル剣5本のCT測定が完了しました。



こうして得られたデータは、最新のソフトウェアで解析され、非破壊で製作技術の可視化が可能となります。貴重な文化財を傷つけることなく、3千年前の冶金術を再現することができます。


我々が調査の対象としているのは、不幸にして考古学的情報を喪失した博物館資料ですが、分析化学者との共同研究によってこれまで知られていなかった事実が次々に明らかとなってきています。



研究の成果は、学会報告だけでなく、市民のみなさんにもわかりやすく還元していこうと思っています。


RS


[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-10-16 17:31

岡フィル街角コンサート

昨日、11日は午後8時まで開館延長し、午後6時30分より1時間、岡山フィルハーモニック管弦楽団団員による弦楽四重奏の演奏がありました。

d0087115_09312693.gif

演奏者は、近藤浩子さん、長坂拓巳さん、島田玲さん、江島直之さん

これは、岡山国際音楽祭事業の一環として企画されたもので、当館での開催は2回目になります。

演奏に先立ち、午後5時45分からギャラリートークも開催しました。


長崎で和ガラスが創始されたのはヴィヴァルディが生きた時代、国産びいどろが盛んなったのはモーツァルトが生きた時代、現在、200点ほどしか残っていないという薩摩切子が作られたのはチャイコフスキーが生きた時代です。


彼我の文化の違いに思いを馳せた、1時間でした。



RS
[PR]
# by Okayama_Orienta | 2017-10-12 09:53 | 展示